子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 109 元保育士が語る! 遠足の準備はこんなことにも気をつけて・・!」
昨日の保育士が語る遠足の準備について・・・の続きとして

何と言っても子どもにとって一番の難関はというとお絞りなのです。


お絞りというのは、園によっては毎日の昼食時に

使っているところもあるようですが、使ってない園の

子ども達にとっては、とっても楽しみなお弁当を前に

あせるあせる・・・。中には泣き出す子もいます。

だって、家庭でお絞りケースからお絞りを出して手を拭く機会は

ピクニックに行った時ぐらいだし、その時はママの手だすけが

あるわけで・・・。となると、まずケースを開けれない!

次に手を拭いたあと、ケースに戻そうとしても入らない!

入ったとしても蓋がしまらない!ということになり、

先生が「みんな、手を拭きましたねーー」なんて

声をかけた際には、もう泣きたくなるのです。

朝、ママがケースにきちんとたたんで入れた時には

簡単に収まったでしょうが・・・・

ということで、お絞りケースは子どもが自分で開け閉めできる物で

多少きちんとたためなくても入るくらいのタオルを入れてあげると

いいかと思います。あとはお楽しみのお弁当ですが・・
子どもにとってママが早朝から張り切って作ってあげる

お弁当は何よりの楽しみ!なのですが、

いくつかのポイントがあります。

  ①子どもが食べられる量を考える。
      張り切りすぎて弁当箱2つにいっぱいあって
      「食べれない」と泣く子もいました。
      残さないでおこうと必死に食べる子も・・・。
  
  ②食べやすい形態である。
      「ふりかけが好き」と言っても、戸外では
      やはり、ご飯よりおにぎりの方が食べやすい。
      焼きそばとかスパゲッテイーも意外と食べにくい。

  ③いくつものお弁当箱に分けて入れるより一つに入れる。
      「ごちそうさま」と言ってから、あとでおにぎりが
      出てきた子もいました。笑い話のようですが、現実!

  ④果物は必須アイテムです。
      「ほら、みかん入っている」とニッコリみせていますよ。
      でも、汁が出るものはうまく入れないと汁が混じって
      しまって「残す」と言う子もいました。
  
  ⑤箸やスプーンを忘れずに入れましょう。
      20人くらいいると必ず一人は箸がない子がいました。

あとは、子どもと一緒にリュックに入れて準備を整えましょう

ママが全部してあげるとどこに何が入っているのか

わからなくて「先生、ないーーー」と泣くことになるかも!

また、我が子が自分でかついで歩くのですから、

水筒のお茶も半分くらいにしておくといいですね。

「着替えも」「雨合羽も!」なんて詰め込むと

その重いリュックをかつぐのは子どもですから・・・。!


何事も「こどもにとってどうか?」ということを

考えて準備をするとよいのでは・・と思います


いつも読んで頂き有難うございます。

ランキングに参加しています。
   応援ポチッ
をよろしくお願いします!

☆保育園、幼稚園のことについての質問
  コメントもお待ちしています!お気軽に!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ















     

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/117-fb309565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。