子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 114 元保育士が語る! アラーーー失敗!保育士の予想が外れた」
きょうはお休みですね

孫のもパパとママとゆっくりで

きょうは、後日にと言っていた「手作り可動柵」について


孫のあーちゃんの発達については前にも書いたことがありますが、

我が家の子ども達と違ってゆっくりとした発達で・・

元保育士としては、わかっていてもあせっていたのです。

でも、やっとずり這いをするようになってホッと

どこへでもズリズリしていって危ないので、可動の柵を作ろうと

思って、我が旦那様と二人で先日作りました

保育士って段ボールや紙を使うのが得意なんですよ

では写真入りでご覧下さいませ
まず、空のビールの箱に紙や不要の物を詰め込んで

それをいくつかくっつけて布ガムテープでしっかり固定する。

DSCF5926_convert_20090429083538.jpg

ポイントはの字になるようにくっつけます
          (置いたときに安定する)

次に紙を貼って下張りをする。(糊を薄めて使用)
DSCF5933_convert_20090429083823.jpg

紐がぶら下がっていますが、これがわたしの工夫です!
                 (みにくくてすみません)

最後に布を貼ります。(ボンドを少し薄めて使います)
    布は家にあった布とテーブルクロスを新しくしたので
    それを再利用しました。紐はおもちゃをぶら下げます。


DSCF5944_convert_20090429083856.jpg

同じような手順でオムツが入っていた箱を使って

おもちゃ入れの可動棚も作りました。

DSCF5927_convert_20090429083632.jpg    DSCF5941_convert_20090429083751.jpg

この可動柵と可動棚を使って仕切るとこんな感じです。


DSCF5945_convert_20090429092245.jpg

あーちゃんは力があるので、重い加湿器で押さえて

可動棚と柵が動かないようにしています。

さーこれで、安心してこの仕切られたスペースの中で

思い切り這い這いしてねと思っていたら、

なんとこのコーナー2日目にして
   つかまり立ちを始めた


えーー這い這いが始まったばかりなのに・・・・

忘れていました。「発達は一人ひとり違うもの

仕方ない。気をつけてつかまり立ちの練習と思って

見守ることにします。

でも、この可動式の棚と柵は移動できるので、便利です

私の失敗はビールケースを横にしてくっつけたことです。

縦にしてつなげれば、高さがあって大丈夫だったと思います。

わたしとしたことが・・・・。反省です。



いつもお読み頂き有難うございます。

ランキングに参加しています。
   応援ポチッ
をよろしくお願いします!

☆保育園、幼稚園のことについての質問
  コメントもお待ちしています!お気軽に!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ







テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/122-029ae522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。