子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 115 元保育士が語る!保育の様子も変わってきて・・・」
連休の狭間ということもあってか、買い物に出かけると

いろいろな方にお会いすることが多くて、ちょっと嬉しい

仲良くして頂いたママ達は今でも「先生!元気」と

声をかけてくれて、懐かしそうに暫くお喋りタイムが・・ 


その中で「最近、保育園も変わってきたよね!」という言葉が

よく聞かれます。そうです、本当に変わって来ました!

確かに、わたしが勤め始めた頃、子育てをしていた頃

そして、ここ何年か・・・で本当に変わりました。


どこが?というと

まず、安全、健康に力を入れていること!モチロン、教育も

そして、何より保護者との連携なんです。

具体的に言うと・・・避難訓練一つとっても、大違い!


昔はベルが鳴ったら、先生の下に集まって放送を聴いて

先生と一緒に避難場所まで逃げるというパターンが多く、

火事がどこで発生したかという想定がいろいろあるので

その都度、よく聞いて行動するくらいでした。


ところが、今では避難訓練も想定がいろいろ複雑!

「火事」「地震」「地震と火事」「不審者対応の訓練」

「戸外活動中の訓練」など様々な訓練をしてどう対応するか

を日頃から、練習しています。


こんな事件もありました。

わたしの保育室は1階だったのですが、気がつくと

怪しいお婆さんがベランダをウロウロしていてビックリ!

「あのー何か御用でしょうか?」と言いつつ、ガラス戸を閉め

子ども達はすぐに向い側の保育室に移動させました。

何が起こるかわからないので、非難をするというよりは

安全を確保するための方法を日頃から子ども達とよく話し合い、

万が一の時は先生をおいてでも非難する方法や

「集まる」「逃げる」合言葉も考えたくらいです。


あと、赤ちゃんの保育も随分変わってきて・・・・。

ある保育士が「高い、高い」をしたところ、見ていたパパから

「やめて下さい。脳によくありませんから」と言われたり、

「ウンチ出たから、汚いね、変えようね」という言葉を使ったら

「家の子のウンチは汚くありません、訂正して下さい」と

言われたという話もありました。


時代に会わせて日々勉強の保育士生活でした。

世の中も変わり、保育の方法や使う道具も変わってきています。

なので、保護者の方からもいろいろ情報を得ることが

大切だと思っていたわたしです。

そのお陰で、ママ友がたくさんできたし、今のあーちゃん育てにも

いろいおろ役立ってます。ウフ

また、硬い話しでゴメンナサイ


いつもお読み頂き有難うございます。

ランキングに参加しています。
   応援ポチッ
をよろしくお願いします!

☆保育園、幼稚園のことについての質問
  コメントもお待ちしています!お気軽に!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ


ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。











テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/123-dd26c59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。