子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 141  0歳児の孫育て! そのポイント 続編」
関西方面のインフルエンザも少し落ち着き、学校や保育園が

再開されたというニュースを聞いてちょっとホッとしますね

ママさん達も昨日から、仕事に復帰!という方も

いらっしゃるでしょう。本当に大変でしたね

わたしも引き続き気をつけて、乗りきりたいと思っています。


さて、「0歳児の子育てのポイント
                    についての続きを・・・・

昨日は  ①安全と衛生   ②生活面について

書きました。関連記事「0歳児の孫育て」 


きょうはその続きで

③情緒面について

   自我が芽生え、自分の思いを表情や態度ではっきりと
   表す様になり、「手がかかるーーー」ということも・・・・。
   でも・・・・


   でも、これは俗に言う自己主張が強くなってきたという
   ことで、順調な成長なのです。
   だからこそ、その思いを大切にしながらも、「待つ」という
   ことや、「我慢」ということも少しずつ教えていきたいと
   思っています。
   
   具体的には、
   食事の時に「早くデザート、ちょーだい」とばかりに
   暴れるのあーちゃんですが、
   「わかったよ。今、これでジュース作るね」と
   を目の前で切って、ジュースを作ることで『待つ』ことを
   経験させています。
   時には「バナナが1本ありましたーー」と歌を歌いながら、
   切ることもあるんですよ

   また、出かける前いろいろ準備をする時にぐずることもあるので
   出かける準備をする時にはいつも「さんぽ」の歌を歌いながら、
   帽子を被せたり、日焼け止めを塗ったり、靴下を履かせたり
   しています。
  
   いつも同じパターンをとることで、子どもなりに
   「あーこの歌が始まったからどこかへ行くんだ」
   という見通しがもてるようになってくるのです。

小さい時から、我慢をさせなくても・・と思うかもしれませんが

何事もある程度の我慢が必要なことって、多々あります。

小さくても、力づくで「我慢なの!」というのではなく、

かといって「ほら、お菓子・・」とごまかすのでもなく

工夫をしながら、「待つ」ことや「我慢する」ということを

理解させていくことが大切かなぁーーと思うのです。


モチロン、「さー出来たよ、待っててくれて有難う」と

認めてあげることも忘れずに・・・・

④の運動面はまた、明日に・・・・続きます


ランキングに参加しています。
応援ポチッをよろしくお願いします

質問やちょっと聞いてみたいことなども遠慮なくお気軽に!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!











テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/149-f6d0854d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。