子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 158 梅雨期の子育てのポイント!① やっぱり衛生面重視です」
昨日は・・やっぱり梅雨だなぁ・・・・。

おまけにぎっくり腰にはなりかけるし、歯のつめものは

取れるし・・・で、さすがにわたしも気持ちがブルーです。

でも、かわいいのあーちゃんのために頑張らねば


梅雨といえば・・・・・。

保育園でもこの時期は体調を崩す子が多かったです!

原因は、汗をかいたあとの始末や水分不足でした
ご家庭でも
  ①こまめに着替えるよう言葉がける。
    いつも清潔に過ごす心地よさを味わわせる。
  
  ②水分(お茶です)の補給を促す。
    水分というのは家で作ったお茶がベストです!

  ③「動と静」の時間を区別して・・・・
    いっぱい身体を動かして遊んだあとは本を読んだり
    ブロック遊びやお絵かきをして身体を休める。

  ④食品の衛生に気を配る
    この時期でも遠足がある園もあるようですが、
    汁物や冷凍の物は避けて、朝、火を通した物を
    入れてあげましょう!
 
  ⑤流行性の疾病に気をつける。
    とびひという病気もなりやすい時期です。

  ⑥室内で過ごすことも多いので安全に注意する。
    戸外へ出るず、ストレスもたまり気味・・・・の子ども達  
    が多いので、力が余って?みたいな怪我も多いです。

梅雨も元気に楽しく過ごさせたいですね・・・

ランキングに参加しています。
応援ポチッをよろしくお願いします

質問やご意見もお気軽に・・・お待ちしています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!







テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。訪問履歴からやってきました。
梅雨時の過ごし方、水分補給は盲点でした。気を付けます。
それから、働く母の記事読んできました。私も上の子が小さい頃預けていた保育園では、アドバイスのひとつひとつに、「お母さんのために子供はこんなに頑張っているんだから」って言われて、涙ぐんでいたものです。親のケアは今は仕事のうちになったみたいですけど、当時はまだなかったのか・・・子供のことはとても大事にしてくれたので、感謝してますが、責められない様に相当無理してたように思います。
小さい子を預けてるだけでも、相当心労になるのになぁ。。。
2009/06/11(木) 20:48:13 | URL | まい [ 編集]
まい様
はじめまして!コメント有難うございます!
まいさんの記事に興味を持って読ませていただきました。
もしかして、若い保育士さんなのかしら・・・?と思い・・。
30人は目が届かない人数ではないのになぁ・・・。
一人ひとりを丁寧に見てないと・・とも思いました。

ちなみにわたしは幼稚園にも保育園にも勤めていたので
両方の実態がよくわかります。
そして、子どもを保育園に預けていたので、正直いろいろな
ことを思いました。なので、保育士としての立場では気をつけようと
思っていました!実際のところは自分ではわかりませんがね。
でも働きながら、子育てをするのは本当に大変でした!

よろしかったら、またお立ち寄り下さい!
コメントもお待ちしています!
2009/06/11(木) 22:42:21 | URL | osugi703 [ 編集]
続けて失礼します。
先生はベテランだと思います。それに、とっても優しい先生で、私は、気に入っているぐらいなんですが、クラスの比重が男の子が多いらしいんです。しかも、バトルごっこ?ばっかりしたがる、激しい種類の・・・。うちの息子も激しいんで、まぁそれはいいんですけど、どうも、やらなくてはいけない時間と遊びの時間のメリハリがイマイチな感じがして、ちょっと、ドンヨリ・・・な気持ちになりました。
そういうことは、ちょっとキツい注意があってもいいのかな~、なんて思いまして。
しかし、30人は目が届かない人数ではないんですね?先生方(ひとりではない)がよく30人も今年からいるから、大変!みたいなことをよく仰るので、無理なことなのかと思ってました。
ありがとうございました。
2009/06/12(金) 08:02:51 | URL | まい [ 編集]
まい様 ちょっと長くなりますが・・!
続けてコメント有難うございます。
わたしも再度記事を読み返して、イロイロ思っていましたので・・!
年中組でしたね。年中で30人は確かに大変です。
でも、3歳児が二クラスあった場合には進級して30人程度に
なることがよくあります。ただ、その場合、クラスとして落ち着くまでに
3ヶ月は最低かかるので、、もう少しかも・・・・。
でも、読んだ感じでは、クラスの方針にもよるかなぁ・・とも思います。
元気があるのとけじめがないのは違うと思います。
ゲームも3歳児でも椅子は減らしますから・・・・!
公立の保育園では、園長の方針というよりは、先生の考え方なのかも
しれませんが、わたしは椅子が減って悔しい思いを経験するのも
大切だと思います。
男の子が多いということなので、パワフルな活動とじっくり取り組める
活動を工夫し、メリハリのある保育をすることはとても重要だと思います。
ちなみにわたしも一人で4歳児28人を担当したことがあります。
かなりハードではありましたが・・・。
5歳児では35、6人を一人で担当したこともあります。
人数が多いほど、ルールの問題や人の気持ちを丁寧に教えていかないと
クラスとしてうまくいかないことが多いのですが、まとまればいいクラスに
なります。
参考になったかはわかりませんが、また何なりと・・・!お待ちしています。
2009/06/12(金) 22:55:57 | URL | osugi703 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/166-3546d899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。