子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 159 梅雨期の子育てのポイント!② 梅雨の特徴を子どもに教えるチャンスです。」
梅雨は大人にとっても子どもにとっても

どちらかと言えば、憂鬱な季節ですよね。

でも、夏を迎えるにあたってダムの水が必要であるという

社会事象やカビや湿気などの自然事象に興味を持たせ

梅雨ならではの特徴について知らせるよい機会でもあります。


例えば、物が腐るとかカビが生えるといったような現象は

子どもにはあまり見せないものかもしれませんが、

パンにカビが生えるのを見せたり、湿気で床が濡れたみたいに

なる等、生活に密着したことは子どもが興味をもつ話題です。


それが、しいては生活に必要な知識となったり、

科学に興味をもつきっかけにも・・・・



わたしが保育士をしている時には「実験」と称して

パンを常温で置いておいて、カビの観察をしていました。

なので、子ども達は『腐る』と言うことや『賞味期限』という

ことも意識して冷蔵庫の中のものでも、自分で確かめたり

大人に確認して食べるようになったということを

ママ達からも聞きました。


小さい時から、こうした経験は大切だと思っています。


2、3歳の子どもには「雨が降るから、花も蛙もカタツムリも

生き物が喜んでいる」ことを話し、傘を差して散歩にいく

経験をさせてあげるといいと思います。

アジサイもきれいな季節ですからね。

4、5歳の子どもで数字に興味を持っているのなら

温度計で毎日の温度調べもおもしろいと思います。

5歳児は「6月は25度だったのに、8月は35度もある!!」

と大発見の表情で話していました。

こうした継続して調べる経験も大切ですね


梅雨は嫌な季節ではなくて、じっくりと夏を待つ

素敵な季節なのでは・・・・と思えてきますから!!


ランキングに参加しています。
応援ポチッをよろしくお願いします

質問やご意見もお気軽に・・・お待ちしています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!








テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/167-8047500d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。