子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育て日記 014 「子育て中のリフレッシュ 続編」
さて、きょうは気分も新たに子育て中にどのようにして

リフレッシュするかについて続きを書いてみます。

パパの協力が得られない時に次に頼みとするのは

祖父母ですね。

ところが、これも結構いろんな問題があります。

我が家も娘がわたしを全面的にあてにしている!

(土曜日もわたしに預けて美容院へ行ってました

まーいいのですが、預けるにあたってはやはり親子といえども

小さな心使いが大切だと思います。

例えば、美容院へ行くときもあらかじめ「○○日に行ってもいいかしら?」

と預かってくれる人に都合を聞いてみる!とか、なるべく短時間で

すむように空いている時間を予約する等です。

この小さな心使いがあれば、実家に限らず姑さんでもうまくいくと思います。

でもまー祖父母に頼むのはどうも・・・・・という時には

頼める友人を作っておくこともいいですね。

これも小さな心使いはモチロン大切です!

同じような年齢の子どもを持っている人でもいいし、

お姉さん的な友人で少し大きな子どもを持っている友人もいいですよ!

互いに預けあうことで子ども同士の交流が持てます!

これは子どもが大きくなる上で、子ども達自身が成長するよいチャンスです

親はリフレッシュできるし、子どもは楽しく遊んで社会性が育つし、

一挙両得というものです。

わたしも、子どもが小さい時に友人とよく預かりっこをしました。

子ども達は一緒に遊ぶことで、

「小さい子って何回もおんなじことしてー言うんだね」と気づいたり、

いつもは甘えん坊の我が家の息子も友人の子がくると

ちょっぴりお兄さんになってお世話する姿がみられました。

ただし、預かる時には責任も伴うので、そのあたりはよーく話し合って

おかないと友人関係にも影響しますからね。

ちなみにわたしと友人は預ける以上はその家のルールを

守るよう言い聞かせて出していましたし、預かる方は

お客様扱いせずに、わが子と同じように接するようにしていました。

これが気を使わず、互いに預けっこするコツかと思います!


ランキングの応援ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ



テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/17-2b8bfb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。