子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 206 子どものユーモアを暖かく受け止める家庭で・・・・・」
昨日も、孫のあーちゃんは我が家でお泊り

ママである娘は試験も終わり、ちょっと東京でリフレッシュして

無事に戻ってきました。

天候が不順なのでホッというところです。

でも、きっと疲れているだろう・・と思ったのであーちゃんを

もう1日預かることにしたのです。


さて、夜更かしのあーちゃんはなかなか寝ようとせず・・・

なので「ゆりかごの歌」を歌って、軽くあーちゃんの

お尻をポンポンしていたら、「プーーーーーッツ」と音が・・・・



そうです。あーちゃんのオナラの音でした。

ウトウトしていたあーちゃんも自分で可笑しかったようで

「キャハハハーーー」と笑い、わたしも「アハハ、プーーッて出たね」

と言ってしばらく二人で笑っていました。

隣の部屋にいた旦那様(通称じいた)も「楽しそうだね」と

覗いて、ニッコリ・・・・


その時ふと大学の時に

ユーモアは子どもの表現において大切である

ということを勉強したことが思い出されました。

誰の言葉だったか詳しいことも忘れたわたしですが、

「確かになぁ・・・。ユーモアって受け止めてくれる人がいるから

表現する喜びが沸いて、人とのつながりを感じるものだなぁ」

と実感として思ったのです。


子育てをしていた時だったら「いつまでも笑ってないで寝なさい」

と言ったかもしれません。

でも、孫育てという少しゆとりがある立場だからか

笑いあってみつめあって、ささやかな幸せを噛み締めていました。

オナラはユーモアには入らないかもしれませんがネ!


最近では、わザとユーモラスな表情をみせて大人の反応を見る

ようになってきているあーちゃんなので、そのひと時を大切にして

暖かく育てていきたいなーーと思っています。





応援ポチッをよろしくお願いします




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!






テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/214-3bdbbe7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。