子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 235 叱る時のポイント!②言い聞かせ方のコツ」
きょうは日曜日で気持ちがよい朝です


でも、インフルエンザが流行しつつあるのでちょっと心配です。

なので、塩素系の薬品を使って消毒して日光消毒もしました


さて、昨日は「いけないことをした時には」について書きましたが

きょうは、子育てにおいて『叱る』共に『言い聞かせる!

という場面に直面することが多いので、そのポイントについて

わたしが実践してきたことを書いてみたいと思います。

子育てをしているとピシッと叱らなくては!と思う時と

叱ったあと、言い聞かせたいとか

叱るまではいたらないけど、

ここできちんと言い聞かせておかなくては・・・・と

思うことがありますよね

具体的に言うと・・・・
①言い聞かせる場所
  気が散らないように子どもが壁や襖を見るように、
  親が壁を背にして話します。
  部屋の隅っこや廊下などがいいでしょう。
  出きれば他の子どもに見えないようにするとベター!

②言い聞かせるタイミング
  大声で泣いている時にはまず、泣き止ませてから
  話しましょう。泣いている子どもはいつのまにか
  何故泣いたか・・・・を忘れてただ泣いていることあり!
  必ず、落ち着かせてから話しましょう。

③方法
  子どもを立たせて親はしゃがんで〈正座して)子どもと
  同じ目線の高さで話します。

④話し方
  いつもより、ちょっと低めの声で、ゆっくりとはっきりと
  話すようにします。
  言葉は子どもがわかりやすい言葉を使って話します。
  子どもがした事実に基づいて話します。
  
  例えば
   「いったい誰に似たのかしら?」
   「いつもそうなんだから・・・」
   等と言っても仕方ないようなことは言わない。
  また、「わかった?」を連発しても単に「はい」
   ということもありますから、連発してもムダです・・・。


『叱る』も『言い聞かせる』もどちらもエネルギーがいります。

「きょうは疲れててしんどいなぁ・・・」と見ないふりをして

すり抜けてしまうと返って後で後悔することも多々ありました。


子どもとしっかり対峙することは大変ですが、

きっと子どももわかってくれます


さーわたしも明日からまた、

テレビ台を押す孫のあーちゃんと

対峙して頑張るぞーーー

いつも有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ




ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!




テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/245-bf05021a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。