子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 259 元保育士のつぶやき!保育の現状、保育士のこと・・・」
昨日は、エアロビクスに参加して心も身体もリフレッシュ

子育てもかなりの運動量ですが、思い切り身体を動かす!

というのとはちと動きが違う・・・・。筋トレもストレッチもない!

なのでわずか1時間ですが、エアロで汗を流すとスッキリ


さーまた、明日から孫のあーちゃん育てに頑張ります


さて、このところ幼稚園のオープン保育や保育園の体験など

いろいろとお誘いの広告が目につくようになってきました。


わたしの住んでいる地方都市の小さな市では、

幼稚園の定員割れが問題となってきています。

保育園の待機児童はない!ということですが

ママ達に言わせると「エーーーーッ、そうかなぁ、入れないよ」

と言う声も多々聞かれます。


きょうは先日、保育士である友人と話したことから

ちょっと書いてみます。
保育園も幼稚園も○歳児の子ども△人に対して

先生の人数が決まっています。

大切な子どもの命を守るためにとても大切なことです。


もちろん、監査もしっかりあるのでその人数は確保されている!

とは思いますが、現場で保育にあたる保育士としては

その内容が問題なのです。


実際のところ、人数は確保されていても正規職員がとても

少ないのです。(これについては前にも書きましたが・・・)

臨時の先生でもとても熱心で、頑張って下さる人もいますが

条件のよいところへすぐに変わっていってしまう人も多い・・・

なので、次の人が決まるまで保育士が足りない・・・・。

また、若い正規の保育士を育てたいけれど、日々の保育に追われ

「育っている!」と大きな声で言えるほどではない・・・・


なので、少数精鋭のスタッフで保育してます!バッチリです!

とは、なかなか言えないのが現状なんです。


わたしの市でもあとわずかで団塊の世代の保育士が

大量に退職します。

ママ達が「ベテランの先生にいろいろ相談できるのがいい」

と言って下さいましたが、これからは若い保育士達が

ママ達を支えていかねばならないのです。

もちろん、若い保育士もパワーーがあり魅力的ですよ


そこで、幼稚園や保育園選びのポイントとして

保育士の年齢のバランスが取れている!

ベテランがいて若い保育士がいてチームワークが取れている

というのは、保育の質として大切なことだと思います。

そんな目で保育園を眺めてみるのも・・・


いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!






テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/271-3ad87cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。