子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 265 もう一歩踏み込んで・・・ 母親の気持ちになって②」
きょうはとってもよい

昨日から、あーちゃん関係のものを塩素系薬品を使って

浸してあるので、今日は水洗いして天日干しをしようと思ってます。

わたしの住んでいる地域もインフルエンザが流行し、

友人の子どもが通っている小学校も学級閉鎖・・・

明日からの、登校に不安気です。

気持ちを引き締めて病気にならないようにしなくては


さて、2日の「母親の気持ちがわかる保育士①」に続いて

きょうは、「そんなことまで?」と後輩に言われた出来事について


その日は3月の晴れた日で、園庭で遊ぶといいかなぁ・・と

いうポカポカした日でした。

でも、園庭は昨夜の雨で水溜りもあってまだ濡れていました。

なので、わたしは「きょうは水はけのよい公園へ行こう!」

と思って用意をしてありました。


するとその時、嬉しそうに3歳児が園庭へ出てきました。

「久しぶりで嬉しそう!!あら、○ちゃんの姉のだ」

と思ってみると、はかわいいコートを着ています。

でも、園庭は濡れている・・・・・・


なのに、保育士は特に何も遊具を出す様子がなく

子ども達は走り回ったり大型遊具に登って遊んでいました。

女の子はしゃがんで砂遊びを初め・・・もしゃがんでいます。

見ればコートの裾が・・・・・・
わたしは、未満児保育士のチーフという立場で働いていて

上司からも、「後輩の指導をしっかり頼む」と言われていました。


なので、すぐに保育園にある着替えの中からジャケットを持って

園庭へ行き、

「かわいいコートが汚れるといけないからこれを着て遊ぼうか」

と声をかけました。


は「うん、汚れたら嫌だ、これ買ったばかりだもん」

とサッサと着替えていました。

わたしは、そのの担任に

「コートが汚れそうだったから園のジャケット着せたから。

長めのコートの子は気を配ってあげてね」

と言ったところ・・・・その保育士は

「えーーー、そんなコート着せる方が悪いじゃないですか!

そんなことまで気をつけてあげるなんて、出来ないです・・・」

と言うではありませんか・・


まー確かに入園する時「汚れてもよい服を・・」という

話はしてありますが、母としてかわいいコートを買って

着せたい気持ちもわかるのです。

そののママも「バーゲンになるのを待って買いました」

と嬉しそうに話していましたもの。


働いていると時には「子どもを預けて働いて・・」と

いろいろ言われたり、自分でも悩んだりすることがあります。

でも可愛い服を買ってやることもできるしと自分に

言い聞かせながら、頑張って仕事に行ける日もあるのです。

決して物で子どもに対して、自分に対して働いていることの

言い訳にしようと言うのではありません。

でもでも、子どもが喜んで着ている顔にパワーをもらうことも

あるのです


確かに着せる母が・・・と言う保育士の言い分もあるとは思いますが

もう一歩踏み込んで母の気持ちに寄り添ってあげる

ママとの関係もとっても深いものになると思うのです


そんな細かなことまで気を使っていては体が続かない・・

というくらいハードな保育業界の現状ですが、

保育士というのは、ただ子どもを保育していればいい

というものではないと思います。

人と人とのつながりの中で、一緒に子どもを育てていくという

姿勢が大切なのでは
と思うのです



いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!










テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/277-054cf3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。