子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 269 かわいい子には・・・一人暮らしが出来る子に育てよう」
我が地域にも少しずつ台風が近づいてきていますが、

昨日はまだ雨が降っていなかったので、「ソレーー」とばかりに

あーちゃんを連れて公園に行き、探索活動を楽しんできました。

丸い物フェチのあーちゃんはマンホールの蓋が気になるようで

一つ一つチェックしていました

コンクリートのところで転ぶこともありますが、後ろで控えて

見守りながら、手を貸さずに自分の力で立ち上がるのを

待ってあげます。

大きくなるまでにいろいろな困難にぶつかりますが、

じっと見守り、自分の力で前へすすんでいけるようにすることが

大切だと子育てをしてみてつくづく思います。


と言うのも、最近わたしの周りの友人の悩みが

「いまひとつ自立できてなくて・・・・」ということだからです・・



この我慢強く見守る姿勢というのは、なかなか難しい!

ので、つい我慢できずに手を出す、口を出す・・に

なってしまいがちです。

すると子どもは、そのタイミングを待って親に寄りかかってしまい

自分でして、責任をもつということが億劫になってきてしまうのです。

わざとではないのですが、人間の本能なのでしょうね。

楽な方へ楽な方へと・・・・・・。


そのまま大きくなっても、実家で暮らしていれば

何の不自由もありませんし、居心地も最高

特に男の子は結婚して、相手のことを思って家事を手伝ったり、

遊びにいきたくて、子育て中のママをサポートしたりなんて

考えても面倒臭い・・・という男になってしまうこともあります!


なので、大学の時に一人暮らしを経験しておくと

ゴミを出すのが当たり前になるし、節約のために安い材料で

料理をしてたくさん食べるという楽しみも経験済み!

掃除や洗濯、アイロンがけも出来るようになりますからね。


そうすれば、結婚して奥さんが家事をしてくれると

「有難い」という気持ちも自然にわいてきますし、

奥さんがリフレッシュできるよう家事もこなせます。

何でも出来るパパは子育てにも積極的になれますし

自分の作った離乳食をわが子が美味しそうに食べているのを

みれば、大きな喜びと力になるでしょう


そのためには小さい時から一人暮らしができるような子に

育てなくては!と思って、いろいろとお手伝いをさせて

物事のしくみや注意することをその都度しっかりと

教えておくことが大切だと思います。




いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!



テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/282-4595bfbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。