子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 291 確かに保育の世界は独特かも!」
昨日はここ最近見かけた保育の様子について、

元保育士として心配していることを書きましたが、

その他にもいろいろ思うことがあって・・・・


それは、先日いつもの公園で孫のあーちゃんを

遊ばせていたところ、トレーニングウェアの子供達がきました。

「どこかの幼稚園みたいだなーー」と見ていると

子ども達は「ポンポンまーえ」と並ぶ時の号令?を

始めました。

それは、わたしが33年前に幼稚園に就職した時に

先輩から教えてもらった並ばせ方と同じでした。

「へーー変わっていないんだな」と見ていましたが

子ども達はまるで唱え言葉のように言っているだけで

全然、列はきちんとしていません・・・・


保育の世界は変わってきていることも多いし、

第一に子供達の様子やママ達の様子も変わってきていて

そこをしっかり把握していないと信頼関係が築けないのが

現状だと思います。

でも、保育の世界って結構独特で・・・・・・


以前から、保育士以外の友達が集まると

「保育園とか幼稚園とかっておもしろいよねーー」と

よく言われました!


そうですよねーーー。

今でも変わらない「ポンポンまーえ」もそうですが、

お弁当に残っているご飯を箸で寄せ集めることを

「集まれ、集まれする」っていう言葉を使っているのには

初めて聞いたときにでした。


他にもやたらに名詞の頭に「お」をつけて話している

幼稚園もありますし、園によっていろいろ決まった言葉や

遣り方もあるようです。


もちろん、伝統として次の時代へ伝えていくべきことも

重要なことではありますが・・・・。


でも時代や今目の前の子どもにあっているか?ということも

大切だと思うのです。


保育業界だけにしか通じない!といったことがないように

ノーマルな感覚を持っている保育士であってほしいと思います。


そのためにはいろいろな職種の友人をもち

いろいろな人との交流を大切にすることだと思います


豊かな経験や柔軟な考えをもった保育士との

出会いは子どもにとってもママ達にとっても

今後の人生の大きな力になるのでは・・・と思うわたしです



いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします





にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





ctrlキーを押しながらクリックするとストレスなくて良いそうです。
宜しくお願いします!






テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/305-1483c704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。