子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 332 働き続けてきた母としての思いと重なって・・」
昨日はやっとわたしもリフレッシュ

バーゲンでいろいろ買ったり、マッサージに行って

心も体もスッキリまた、きょうから頑張らなくては


昨夜、また始まる1週間のためにあーちゃんのシーツに

アイロンをかけながら、大好きな福山さんが出ている

大河ドラマをみていると・・・・・・。


竜馬を救うために自分の命を捨ててまでも

必死にかばう母の姿がありました。

そうなんですよねーーーー。母というのは子どものためなら

自分の命さえも差し出そうとするもの

わたしもそんな思いで子育てをしてきたなぁ・・・とつい

涙がジワーーッ。(涙腺が弱くなってきたのは年のせいかなぁ)


命をかけて育てつつも「本当にこれでいいのか?」と

子どもに対して後ろめたいような気持ちを持っていたのも

事実でして・・・





実際は時間に追われて十分に接してやれなかったり

スッキリ病気が治るまで待たずに保育園に連れていったり・・。

母として心が痛む日も多々ありました。


その思いが今日、娘や孫にできることは何でもしてやろうと

いう思いにつながっているのですが、

帰省した息子から「何が今本当に大切なのかを見ないと!」

と冷静な御指摘を受けました。

そうですよねーー。

可愛いからこそ、大切にしないといけないことが

たくさんあります。

息子は「なんでもタイミングが大切だからね」とも付け加えて

いましたっけ。

子どもや孫のために今、何をすべきかみつめて行かねばと

改めて考えたお正月でした



いつのまにか命をかけて育てた息子はとうに母を超えて

いたわけで・・・・・。

新しい家族を支えていく一人前の男ですものね。

嬉しいような淋しいような母です

当たり前のことですがね


そしてさらに息子は

「保育園の方がいろいろな経験もできるし、友達もいて

楽しいと思う。社会性も育つし・・」というではありませんか


母として「預けている」という思いから後ろめたい気持ちも

あったのに、子ども自身はそんなことは思っていなかった

のかもしれません。(小さい時の思いまではわかりませんが・・)


そうかーーー。

親の都合で預けているなんて思いは持たなくてよかったのか

となんだかホッとしたわたしです。


いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします





にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ











テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

うちの息子も、こんな頼もしいセリフを言ってくれるようになるのかしら、と、新米母なりに色々考えました。

竜馬!見ようと思ってたのに忘れていたことに今気づきました!
あぁ・・・ショック。

今年も遊びにきますので、宜しくお願いいたします♪
2010/01/04(月) 10:31:25 | URL | まる [ 編集]
まる様
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

コメント有難うございました。
親にとって子どもはいつまでも子どもだけれど
客観的に見て意見をくれるようになると
少し遠い存在になったようで淋しいような気もします。

まる様の息子殿も必ず、巣立つ日がきますから
今のうちにいーーーっぱい抱きしめて、いろいろな
思い出を作っておくといいですよ。
必ずたのもしい男性になりますから、楽しみにして・・!

最近ちょっとしたことが、息子のことと重なってしまう
わたし・・・・。
娘に続いて息子も巣立つかと思うとホッとするものの
子どもが小さい頃のことが懐かしいような気もします。

子育ての今をおおいに楽しんで下さい!
またお立ち寄り下さい。お待ちしています!
2010/01/04(月) 22:38:23 | URL | osugi703 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/347-e61d0b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。