子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 340 子どもは一人でも二人でも・・・・・」
息子の結婚式も終わって、ようやく落ち着いた生活が

戻ってきました。


昨日のあーちゃんは、やはりちょっとお疲れモードで

ゴロゴロする姿もみられましたが、ぐっすりお昼寝をすることで

すっかり元気になって、滑り台の上に立って

風船を触ることにチャレンジしていました



今回のエスコート役では、小さいなりに緊張していたようにも

見えましたが、よい経験をすることが出来たと思っています。

小さい時から、人の前に出てものおじせずに表現できるように

なって欲しいと願っているわたしですので・・・


さて、全く話は変わって・・・・

先日、町で出会った人に「娘さんのところ、二人目はまだ?」と

聞かれて、ちょっと思ったことについて書きたいと思います。


わたしは、二人の子どもを産みましたが、娘や息子が子どもを

どのように計画?していても口をはさむ気はありません。

というのも・・・・・


子どもはその夫婦で相談して決めればいいことだと

思っていますし、子どもがいてもいなくてもそれは自由だと

思うのです。


子どもを産まないという選択肢もあると思うし、もちろん

一人でも二人でも三人でも、それぞれが考えて出した結果なら

それでいいと思うのです。


最近、わたしの周りではかなり年が離れてから、二人目を産む

というケースもみられます。

「9歳違いだから凄く可愛がってくれます」なんていう話を聞くと

心から「よかったねーー」と思います。

反対に

「うちは一人でいいわ。わたしには二人は無理だもん」というママの

言葉を聞いて「そうだねー。確かに!」とも思います。


もちろん、今年の年賀状に「3人目が生まれました」なんて

書いてあると「おめでとう!!」と嬉しい気持ちにもなります。


それぞれの思いがあって当たり前だし、それぞれの家の事情も

あると思うのです。


なので、深く考えずに「二人目は?」なんて聞かれると

「それは、任せてあるので・・・」と答えることにしています



ちなみにわたしは一人っ子ですが、決して淋しいと思ったことは

ありません。だってたくさんの友人がいますから・・・。


みんなが幸せなら、それでいいと思います・・・


いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします





にほんブログ村 <br />子育てブログ ワーキングマザー育児へ






テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/355-84e1e0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。