子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 341 保育園のよさを再認識!」
昨日は、風が強くてどこへも行けず・・・・・。

あーちゃんも気分転換が出来ないので、つまらない様子


なんとか、新聞紙のカーテンに突撃?したり、手作り滑り台で

遊び、機嫌良く過ごすことが出来ました。


でも、こんな時保育園に行っていたら、広いホールで遊んだり

廊下でコンビカーに乗ったり、トランポリンをしたりと

いろいろ楽しい遊びもできるのになぁ・・・と思うと

はたして、家でまったりと過ごすのがいいのかなぁ?と

思ってしまいます。


もちろん、家でゆったりと育てることはよいことなのですが

こう、体を動かしたがる男の子にとっては、どんなものかと

最近、家族で話し合っています。


子育て広場も近くにあるのですが、そう毎日行くって

わけにもいかないし・・・・・・。


ママ友が「1日中、家で一緒にいられないわ」と言って

保育園に入園させた気持ちもよくわかる近頃です。


働いていた時から、孫は3歳まで手元に置いて・・・と思って

いたのに、毎日の様子を見ていると、子どもにとって

どうなんだろうと・・・・・・
元保育士なので、それなりに遊びの種類も多く持ち合わせて

楽しませてはいますが、なんといっても友達の刺激がない!


子どもは0歳児といえども、友達がしていることをじっとみて

「やってみようかなぁ」と思ったり、「上手!」と褒められて

いるのを見て「そうか、するから見て見て」と思ったりするのです。


家で一人で遊んでいてもドンドン興味が高まってやる気満々の

子もいますが、我が家のあーちゃんは、とってもマイペース

家族が褒めても、嬉々として何にでも挑戦するタイプではない


でも、先日の結婚式でたくさんの人が(特にきれいなお姉さん)

見ていると、やたらに張り切って表現しようとする・・・姿がみられ

たくさんの人の中の方が生き生きと遊べるタイプかも!と

新しいあーちゃんの一面を見たように感じました。

つまりはたくさんの人の刺激を受けつつ育っていくタイプのように

思えるのです。


「保育園は働くママのためにだけあるのではない・・」と

保育士をしていた時とはまた違った見方をするようになった

わたしです・・・・


子どもにとって何がいいのかを考えながら行かねば・・と

息子の忠告を今一度、噛みしめています・・・・

「老いては子に従え」ですしね・・・(まだまだ老いてはいないが


いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします





にほんブログ村 <br />子育てブログ ワーキングマザー育児へ







テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/356-fa04cc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。