子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 356  ため口?言葉の使い方って難しいですね」
昨日、わたしの住んでいる地方は

でも、ちょうどじいたが休みの日だったので、あーちゃんは

車で送迎してもらって、保育園生活3日目を過ごしました。


わたしと離れる時から泣いていたあーちゃんですが、

重ねて昨日は「鬼」と遭遇したようで・・・・。


早く保育園に慣れるようにと願いをこめて?

夜は「泣き虫鬼」を退治しようと紙の豆まきをして

「鬼さんケチャップライス」の晩御飯をたいらげた

あーちゃんでした


DSCF6279_convert_20100203234747.jpg


さて元保育士のわたしですが、まだ先生方には

そのことを話していません。

聞けばどうしても身構えてしまうでしょうからね。

今では引退してただの祖母ちゃんにしかすぎませんし・・


しかし、どうしてもいろいろ気になってしまって・・・

例えば、「言葉」ですが、親しみをこめて掛けてくれて

いることはわかるのですが・・・・
昨日の朝、登園するとすぐに先生が

「お祖母ちゃん、昨日家へ帰ってどうだった?」と

ため口で尋ねられるとつい「友達じゃないんだけど」

と思ってしまいました。

もしもわたしだったら、

「家へ帰られてから、何かいつもと変わった様子は
 ありませんでしたか」

と尋ねるだろうと思います。

以前に保育士をしている友人達と話し合ったときに

「先生という仕事は、直接保護者と接するから
 言葉の使い方に気をつけないといけないね」と

いろいろ事例を通して学びあったことがありました。


保護者との信頼関係を築こうと思って、また子どもの

様子を把握したいと思ってかけた言葉だったと思いますが

言い方によっては、相手が気分を害することもあります。


勿論わたしも、在職中に「言葉」のことで失敗したことがありました。

今は単なる祖母ちゃんですが、「言葉」の使い方については

十分気をつけていかなかればと思いました。


いつもお読み頂き有難うございます。

応援ポチッをよろしくお願いします





にほんブログ村 <br />子育てブログ ワーキングマザー育児へ









テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/371-d8e0be47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。