子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 399 この時期の1歳児クラス!新入園児が泣く中で・・・」
きょうから新入園児も加わり、全員揃って賑やかな保育園

朝、あーちゃんを連れて登園すると、どの先生も泣いている子を

おんぶをして保育をしていました。

そうですよね。

休み明けですから、新入園児はみんなおお泣き状態!

あーちゃんもちょっとビックリした感じで周りの様子を見て

いました


先生は、泣いている子を抱っこして少しでも安定した気持ちに

なれるように言葉をかけますが・・・・・・。




いつも抱っこしてばかりもいられません。


1歳児はとっても動きが活発になる半面、怖いものなしで

予測できないような危険なことをするので、

常に手をあけていないと止めることが出来ないのです。


新入園児が慣れるように配慮しながらも、前からいる

在園児も楽しく過ごせるようにしなかればなりません。


なので、おんぶをして子ども達が遊べるように

いろいろな遊具を出して、環境を整えます。

おもしろそうな遊びが始まると泣いていた子も

「おもしろそう、遊んでみようかな・・」と思って

おんぶから降りて遊ぶ子も出てきます。


そうなると在園児もちょっと先生にくっついてきて、

自分の思いを出すようになります。


子どもなりに泣いている子がちょっと落ち着くまで在園児は

その様子をみながら、我慢をしてくれるということです。


新入園児も大変ですが、在園児も進級してこの状態に

遭遇するということなのです。

が、こうして

「ぼくたちも泣いていたなぁ・・・」とは言いませんが

待つことや我慢することを身につけて

子どもたちは成長していく
ように思います。


いつもお読み頂き有難うございます。

最近ランキングが低いので応援よろしくお願いいたします。

励みになりますので・・・・
応援ポチッをよろしくお願いします





にほんブログ村 <br />子育てブログ ワーキングマザー育児へ









テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/414-cbeb4b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。