子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育て日記「048 子どもが戸惑わないように・・・離乳食を吹くあーちゃん」
最近、孫のあーちゃん(現在、7ヶ月男児)は

意思表示がはっきりしてきました。

くすぐり遊びを「もっとしてー」とじっと目を見て要求したり、

腹ばいが苦しくなると「仰向けに戻してー」(寝返りはできるけど、戻れない・・)

と大人の方を見て助けを求めたり・・・。

自分の思いを表現できるというのは大切なこと!

私たち家族も、子どもの思いを受け止めて成長を喜び合っています

でも、困ったことも生じています。


それは、離乳食を食べている時にブーーーッツと思い切り噴くこと
昨日のも野菜を噴出し、床にまで飛び散り・・・・わたしは

そして、夜!魚を野菜で和えた物をまたまた噴出したあーちゃんに対して、ママも

少しずつ好き嫌いがでてきて、嫌いなものを噴いて

「嫌だ」という表現をするあーちゃんです。(好きなバナナやヨーグルトは決して噴きません)

表現するのはいいことだけど、これはマナーとしてよくないことです。

だからと言って好きな物だけを食べさせてもよくない・・・ということで

我が家族は一致団結しました。(ちょっと大袈裟か・・・

  ①嫌いな物も食べられるようにさらに工夫して離乳食を作るようにする
     (今でも野菜を煮込んでスープを作ったり、だしを取ったり工夫してるがー)

  ②食べさせ方の工夫をする
     (「モグモグ美味しいねー。上手ね」と褒めたタイミング
      嫌いな物もサッと食べさせて「美味しいね。上手ね」と褒める)

  ③噴出した時は、手を止めて「ブーッってしたらいけないね。モグモグだよ」と
    しっかり、目を見て真剣な顔で言い聞かせてから、続ける。

   
    ★ここがポイント!
     この言い聞かせ方は、ママもわたしも
     同じような言い方で(ちょっと怖い顔かも)でします。
     「だめでしょーー」と流すことなく、キッチリ言い聞かせます。
     同じ場にわたしの旦那〈通称じいた)がいても、決して
     「いいじゃない、まだ小さいからー」と言ったりはしません。

    躾やマナーに対しては家族で話し合い、

    みんなが同じように接することを心がけています。
   
    何故同じようにするかというと、接し方がバラバラだと

    子どもが「どっちが本当?」と戸惑ってしまうからです。



    まだまだ、この離乳食の戦い?は続きそうです・・・・・

いつも暖かい応援有難うございます。励みになっています!
興味をもたれた方もポチッと・・・・よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/51-f921a4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。