子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 496 好き嫌いに対していろんな考え方が・・」
昨日、わたしの住んでいる地域はとても荒れた天気でした。

でも、あーちゃんは寒くないように服を重ね着し

コートを着て、歩いて保育園から帰って来ました。


これからはもっと寒い季節になりますからね。

天気が悪くても負けずに頑張らなくては


さて、歩いて帰る理由の一つにはいっぱい動いて

しっかり夕食を食べるようにという思いもあるのです。

というのもあーちゃんは野菜が苦手


保育園では全部食べているというので驚きで・・・・
お友達が食べているのを見たり、食べて先生に褒めてもらうのを

見たりすると「食べてみよう」と思うのでしょうね。


実際に子どもの好き嫌いの指導というのは結構難しいものです。


先日も保育士をしている友人が「好き嫌いの指導について」

「どう、思う?」とわたしの意見を求めたので

「自分ですすんで食べないと栄養にはならないと思うなぁ・・」と

答えると友人は

「でしょー。嫌がるのに無理に食べさせてもねぇ。

 ずっと椅子に座らせて指導しているのを見ると可愛そうで・・」

と話していました。


確かに好き嫌いはない方がいいし、嫌いなものも食べるように

指導するのは保育士の仕事の一つです。

でも、食事そのものが嫌いになってしまうような

指導の仕方はよくないのでは?と思うわたしです。



なので、料理の仕方を工夫したり、美味しそうに食べてみせたり

お腹が空いて思わず食べてみることを願って根気よく

盛りつけたりしています。


保育士をしていた時も「ちょっと食べてみようかなぁ」と思って

自分から口に入れた時を見計らって「偉いね。」と褒めたり

「美味しいね」と一緒に食べたりすることで

「食べたよ」という喜びを味わったり

「食べれたよー」という自信を持てるようにしてきました。


が、確かに保育士の食事指導の方法は様ざまだったなぁ・・・



いつもお読み頂き有難うございます。

ポチッと押していただけると励みになりますので,・・・・
応援よろしくお願いします





にほんブログ村 <br />子育てブログ ワーキングマザー育児へ









テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/514-978605da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。