子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 077 賢い子に育てたい・・大きくなっても触れ合いは大切!」
2日間、主に赤ちゃんとのスキンシップについて

書いてきました。関連記事 子育て日記075 子育て日記076


きょうは、幼児期のスキンシップについて思うことを・・・。

赤ちゃんの時期を過ぎて、少し大きくなってからも

スキンシップは大切だと思っています。

でも、男の子は意外にプライドがあって

人前で、ママにくっついたりしない子もいます。

でも、家に帰ればやはり甘えん坊・・・・

我が家の息子もそうでした・・・・・。

スキンシップを求めてくる時は単にくっついて

甘えたい時もありますが、
           何か理由があることも・・・・・。

息子が、3歳になったばかりの頃でした。

保育園から帰るなり、わたしの膝の上にチョコンと座り

「あったかい!」と言い、ぴったりくっついてきました。

いつもは帰ったら、お弁当箱やタオルなどの持ち物を

自分で出すように言っていますが、こんな日は特別!

内心、何かあったぞーーーーと思いつつ「あったかいねーー。」と

抱きしめて頬をくっつけてしばしスキンシップ

ヒーターであったまりながら

がポツンと「きょうね、泣いたもん」

「何かあったの?」

「だって、ぼくロボット作ってたのに、○ちゃん
         黙って青いブロック持っていったもん」

「そうか・・・・。○チャン、欲しかったのかな。何作ってたの?」

「○ちゃん、お船作ってた。でも、黙って持ってたら駄目やもん」

「そうだねー。貸してって言えばよかったのにね」
  「それで、どうしたの?持っていかないでって言えた?」

「貸してって言わないと駄目やって言ったよ」

「そうか、ちゃんと教えてあげたんだ!偉かったね」
と言ってギューーーと抱きしめてやりました。

きっと泣きながら、言ったのだろうと思われました。

子どもなりにいろいろなことを抱えて生きているわけです。


子どもの思いをしっかりと受け止めるタイミングを大切にし

話しに耳を傾けていかねばと思った出来事でした。

もちろん、スキンシップを取りながら・・・・!


いつも応援して頂き有難うございます。励みになります。

これからもよろしくお願いします!
ポチッっと!
☆コメントもお待ちしています!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ


テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/85-e8cd78cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。