子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 081 賢い子に育てよう!いろいろな言葉を使える子に・・・・」
今日は、「言葉編」の「言葉を覚える時期」に続いて

「語彙数を増やす時期」つまり
たくさん言葉を覚えて使いこなす時期
                     についての話を書きます

いろいろな言葉を覚えると会話も弾むようになってきます。

そこで、毎日の生活の中でちょっと工夫をして関わると

さらに言葉の数も増えてきて賢い子に近づきます


わたしも保育士時代には年長組担当になると

かなり「聞く」「話す」「書く」ことに力を入れてきました。

といっても別にワークブックをすることではありません


例えば・・・・・給食の時間に「先生、お皿、1個足りないよ」と

いうことが生じた時に

   「じゃ、給食室に行ってお願いしてきてくれる?
      どんなふうにしたらいいかわかるかな?」

と子ども達に問いかけます!

すると「トントンってノックする!」
    「『失礼します』って言って戸を開けるよ」
         ここまでは日頃からマナーとして教えてあります。
    「そうね、そしてどう言ったらいいのかしら?」
    「『お皿、1個下さい』ってお願いする」
    「違うよ。お皿って1枚って言うよ」
    「そうね。お皿は1枚2枚って数えるからね」
    「わかった。『お皿が1枚足りないから1枚下さい』
       って言えばいいね」と

子ども達は話し合いの中で学び当番が取りに行きます。

こうした生活の中で物の単位
            (本、冊、個、人などいろいろありますからね)

小さい時に言っていた言い方ではない
     一般的な言い方
についても
            (お父さん指→親指とか、ママ→母など)

「よその人にパパの事を話す時には『父がね」って言うと
               凄いなって思われるよ

とさり気なく教えておくと子どもはドンドン興味を持って

覚えていきます。なので、

大人が正しく話すことが大切ですね。


いつも応援して頂き有難うございます。励みになります。

これからもよろしくお願いします!ポチッっと!

☆コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ






テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/89-6e33077a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。