子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 083 賢い子に育てよう!話すことに自信を持たせましょう・・・」
年度末の1週間が始まりましたね

きょうはまた
「賢い子に育てよう 言葉編」の続きに戻って・・・
         関連記事「言葉のかけ方」 「思いを言葉に」!
               「言葉を覚えて使いこなす」


さて、いろいろな言葉を覚えて使いこなせるようになってきたら

今度はさらに自信を持たせたいもの

言葉を使って自分の思いをどんな時でも伝えることが

出来るようになる
とさらに賢い子は輝きをましてきます

そのためには、ちょっとしたことの積み重ねが

大きな自信となっていくので、チャンスを大切にしてあげたい!
たとえば、おすし屋さんで注文をする

   「わさび抜きの中トロお願いします」
       寿司を注文するのはタイミングも難しいので
       かなり勇気がいりますが、自分で注文したものが
       「はいよ」とでてくると子どもにとっては、
       この上もなく誇らしいもののようです。


買い物に行って、自分が欲しいものが見当たらない時に

   「○○の本はどこに置いてありますか?」と聞く。
       これも店員さんの様子を見て「あのー、すみません」とか
       「お聞きしますが・・」などの言葉を添えてタイミングよく
       尋ねないといけないので、子どもにとって
       勇気がいります。

駅で、電車のことについて尋ねる
   
   「この電車は○○駅に止まりますか?」
       駅員さんをみつけて、尋ねないといけないので
       結構ドキドキするようです。もたもたしていると
       発車してしまいますしね。


どれも大人なら簡単に出来ることですが、子どもにとっては

尋ねるとか注文するということは大変勇気がいることです。

小さい時から自分でチャレンジしてみるようにすると

大きな自信になって臆することなく、

人に関われるようになっていきます。


こうして育てた息子は、まだ小さい時にホテルのバイキングで

いつの間にか美味しそうなオムレツを手にしてきて・・・・

   「それ、どうしたの?」と聞くと

   「あそこに『ベルを押して下さい」って書いてあったから
     ベルを押してコックさんにオムレツお願いして
     作ってもらったよ」とのこと

誰か大人が注文する様子を見ていたのでしょう。


人と積極的に関わることが出きるというのは、

友達も多くできるし、生きていく上でいろいろ助けて

もらえることにもつながっていくようです


いつも応援して頂き有難うございます。励みになります。

これからもよろしくお願いします!ポチッっと!

☆コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/91-f0638e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。