子育てのイロハ~ベテラン保育士が語る~
子育てについて30年の保育士経験を活かした日々のしつけ、遊び、食事など生活全般について孫育てを通して楽しく書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て日記 089 入園式を終えて・・・これからどう先生とつきあっていくか」
今年、入園式を迎えられた方へ

 ご入園おめでとうございます!

         楽しい園生活を過ごして下さいね。


さきほど教え子ママから、

「入園式」と書いた看板をバッグに取った写真添付で・・・。

かわいい親子で写ってて、幸せそうでもその文面は

「あー、来週から早起きして仕事行けるか心配!
 それに、あたしあの先生と仲良くなれそうにないなぁ。

と書いてありました。

この時期、幼稚園、保育園、学校とどこへ行っても

担任の先生の話題があるわけで・・・・・。

「先生ってあたり年とはずれ年があるよね。今年は・・・・・」

という話しも耳にします。

まーこの1年つきあっていくわけですからね

その気もちよーーくわかります
1時過ぎには教え子ママのママからもがあり

何でも、担任の先生はいっぱい注意事項を述べたとか・・・。

それも「守ってもらわないと困りますので」とニコリともせずに

言ったので、「先生でもいろいろだねーー。大丈夫かしら・・」

と娘や孫の心配をしてました。


でも必然的に今から、1年間その担任とつきあっていく訳です。

きょうの印象だけで決めてしまわずに、

子どもの様子を尋ねたり、お願いすべきことを話したりして、

少しずつ信頼関係を築いていきましょう。


入園式のとき「初めが肝心」と勢い込んで話してしまい

「なんだか、怖い」という印象を持たれた保育士もいました。

でも、その先生と後日ゆっくり話してみるときっぱりしているだけに

責任感も強くて、よく子どもをみているから安心した

という話しもありました。

逆に保護者がくるとニコニコしていろいろ話しかけてくるけど

子どもにはそうでもない・・・なんて保育士もいるんです。



人間ですから、ママ達も『好き、嫌い』や『合う、合わない』

ということがあるでしょうが、まずはわが子のために

心の扉を開け放って、担任と接してみましょう!


それでも、『駄目』と思ったら、あきらめて来年に期待する

長い人生、いろいろあるでしょう。

いろいろなタイプの人との出会いもまた勉強と思って・・・。

でも決して、子どもの前で先生の悪口を言ってはいけません。

子どもは自分の感性で、先生と付き合っていけばいいと思います。


いつも応援して頂き有難うございます。励みになります。

これからもポチッっと!お願いします!

☆コメントもお待ちしています!お気軽に!
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ






テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
先生のこと
保育園の先生は、保育園ママとしては
1年を通じてもっとも密接にかかわる相手ですもんね。
私も、担任の先生のことをちょっと「?」と思ったとしても、
心を閉ざさずに、きらいにならないように、努めています。
一度イヤだと思ってしまったら、年度末までつらいもの(笑)。
でも、今までのところ、
「正直ハズレた……」と思った経験はないんです。
幸せなことです。
2009/04/05(日) 05:46:25 | URL | イノシシ [ 編集]
イノシシ様
そうですね。そう思ってくださる保護者の方ばかりだと
いいのですが・・・。極端な話、「担任を変えて欲しい」
という要求を取りまとめて、園長に提出!なんて
話しも耳にしたことがあります・・。

でも、親の立場で言うと「???・・」と思ったことは
ありました!そんな年もあるさとあきらめましたがね。
すみません。保育士でもそう思ってしまいました!
2009/04/06(月) 01:03:05 | URL | osugi703 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osugi703.blog97.fc2.com/tb.php/97-5bb10acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。